読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こまっちゃん、走ります!

武雄市長 小松 政(こまつ ただし)のほぼ日活動日記です。元武雄市秘書課長。

福祉と子育ての融合を 4月から副市長2名体制へ

f:id:taddakomma:20170321155109j:plain

今日は3月議会の最終日。

私からは、3月末で退任が予定されている前田敏美副市長の後任として、北川政次総務部長、浅井雅司副教育長の2名を選任したく、議会に議案を提出し、議会のご理解のもと、可決いただきました。

北川新副市長には主たる政策事務を、浅井新副市長には福祉及び子育てに関する事務を主に担当してもらう予定です。副市長2名体制は7年ぶり。

では、なぜ副市長2人体制にするのか。

そもそも、子育てや教育は私の政策の柱の一つ。加えて、子どもの貧困対策についても全国の先頭に立って進めていく必要がある。また、来年度当初予算案の記者発表でも話したように、福祉にさらに力を入れていきたい。福祉については、地域包括ケアシステムの構築という大事業が控えている。

何より私の問題意識として、例えば、高齢者は高齢者福祉、子どもは子育て支援という従来の縦割りからさらに一歩進んで、市民一人ひとりを起点に、住んでいる地域をベースとして、横割りで包括的に住民の皆さんの幸せをつくっていくべきだと思っています。いわば「福祉と子育て・教育の融合」を、今こそ一刻も早く進めなければならない。

そういう意味で、今回、福祉及び子育てを主に担当する副市長を置くことで、市民福祉の向上を強力に推し進める。4月からの新体制となりますが、決して止まることなく市政を前へ進めてまいります。

f:id:taddakomma:20170321155132j:plain

(新副市長となる北川総務部長)

f:id:taddakomma:20170321155145j:plain

(新副市長となる浅井副教育長)

 

また、議会閉会後に、議場にて前田副市長から議会に対しお礼の挨拶がありました。長年、職員として、副市長として、市民の暮らしを良くするために、そして武雄市を持続可能とするために、市役所の守護神として本当にご尽力いただきました。

挨拶が終わるやいなや、議場中に響き渡る割れんばかりの拍手。これこそ、前田副市長のすごさを物語っていると思います。 まだ月末までありますが、一つの区切りとして、これまで議会対応など、本当にお疲れ様でした。そして、いつもいつも、ありがとうございました。

f:id:taddakomma:20170321155215j:plain

武雄マボロシ実験場、会期終了!

f:id:taddakomma:20170320232108j:plain

アバンギャルドなアートイベント「武雄マボロシ実験場」10日間の会期が本日終了。

http://takeomaboroshi.com/

10日間の模様はこちらでレポートされています。

https://www.facebook.com/takeomaboroshi/?fref=ts

最終日は、製作してみんなで破壊するアートパフォーマンスや壁画制作など。ぶっ飛んでいてすごく面白かった。写真をぜひご覧ください。

武雄を舞台にした世界一短いロールプレイングゲームも体験。スーファミっぽいコントローラーも気になりつつ。地元の歴史と今を盛り込んだ内容でもあり、今後ドラクエシリーズみたく進化する可能性大。

著名人を講演で呼べば確かに人は来る。でも、それって瞬間風速的だし、別に武雄でなくてもできる話。

そうではなく、冒険的でエッジの効きまくった、なおかつ武雄の歴史文化の文脈を活かしたパフォーマンスやWSをやる。それによって、100人いたら5人の強烈なファン&リピーターが生まれる。あと、地元の誇りも。僕たちは、他でできることはやりません。

そして、クリエイター自身に加え、来場者や地域の皆さんが面白がって参加していたのが大きかった。特に地域の皆さんの「自分もやりたい」という動きとか「もう1日延長して展示したら?」といった声かけがすごく良かった。やっぱり「面白がる」って大事。

クリエイター同士やクリエイターと参加者のつながりも生まれたし、次につながるアートイベントだったと思います。これぞ、まちづクリエイティブ。全ての皆さんに心から感謝します。

また、自治体としては相当チャレンジングなプロジェクトを切り盛りしてくれたチームである、井上部長に弦巻課長、実質運営責任者である犬塚係長、山下くん、本当にありがとう。お疲れ様でした。

f:id:taddakomma:20170320231553j:plain

f:id:taddakomma:20170320231558j:plain

f:id:taddakomma:20170320231610j:plain

f:id:taddakomma:20170320231603j:plain

f:id:taddakomma:20170320231617j:plain

f:id:taddakomma:20170320231623j:plain

f:id:taddakomma:20170320231629j:plain

f:id:taddakomma:20170320231634j:plain

f:id:taddakomma:20170320231640j:plain

f:id:taddakomma:20170320231547j:plain

f:id:taddakomma:20170320231704j:plain

f:id:taddakomma:20170320231646j:plain

f:id:taddakomma:20170320231650j:plain

f:id:taddakomma:20170320231655j:plain

f:id:taddakomma:20170320231700j:plain

今日の武雄は千客万来!

f:id:taddakomma:20170311195120j:plain

今日の武雄はポカポカ陽気で千客万来。

まずは、スイーツオルレ。今日のウォーキングにはなんと300名近くの方が参加。半数以上が県外から、中には大阪からお越しの方も。武雄に歩きに来られる方は年々増えてきています。ボランティアガイドの皆さん、いつもありがとうございます。

f:id:taddakomma:20170311195143j:plain

f:id:taddakomma:20170311195129j:plain

f:id:taddakomma:20170311195115j:plain

f:id:taddakomma:20170311195111j:plain

f:id:taddakomma:20170311195138j:plain

f:id:taddakomma:20170311195104j:plain

f:id:taddakomma:20170311195124j:plain

f:id:taddakomma:20170311195133j:plain

別のエリアでは、まちづくりでつながっている皆さんが「まちつく06」というイベントで武雄にお越しに。若木、黒髪と回られていました。写真は、黒髪エリアのいろえ工房さんにて。聞けば、九州一円からお越しとのこと。

f:id:taddakomma:20170311200048j:plain

そして、今日からスタートした「武雄マボロシ実験場」。10名のクリエイターが武雄の各所で作品発表や参加型パフォーマンスを繰り広げます。僕も色々と回りましたが、とにかく面白い。ドクロの器で点てたお茶は不思議な感覚。イベントは20日まで開催。詳細はこちらです。

http://takeomaboroshi.com/stay/maboroshi_experiment_event_information/

これ、興味ある!というプログラムがあれば、ぜひお越しください。お待ちしています。

f:id:taddakomma:20170311200336j:plain

f:id:taddakomma:20170311200342j:plain

f:id:taddakomma:20170311200347j:plain

f:id:taddakomma:20170311200353j:plain

f:id:taddakomma:20170311200405j:plain

f:id:taddakomma:20170311200359j:plain

f:id:taddakomma:20170311200420j:plain

f:id:taddakomma:20170311200410j:plain

f:id:taddakomma:20170311200415j:plain

f:id:taddakomma:20170311200440j:plain

f:id:taddakomma:20170311200425j:plain

f:id:taddakomma:20170311200449j:plain

f:id:taddakomma:20170311200452j:plain

f:id:taddakomma:20170311200437j:plain

f:id:taddakomma:20170311200435j:plain

f:id:taddakomma:20170311201050j:plain

f:id:taddakomma:20170311201104j:plain

f:id:taddakomma:20170311201114j:plain

f:id:taddakomma:20170311200443j:plain

宇宙科学館横の保養村では、キャンプも行われていました。今日は4組15名とのこと。親子で楽しそうに遊んでいました。

f:id:taddakomma:20170311200431j:plain

3月11日(土)から20日(祝)まで、武雄市にクリエイターが集結!

f:id:taddakomma:20170307211159j:plain

武雄温泉街にあるレジデンスに滞在しながら活動されてきた(もしくはこれから活動予定の)クリエイターの皆さんが、この10日間武雄に大集合。

当日プログラムはこちら。

http://takeomaboroshi.com/stay/maboroshiexperiment/

佐賀新聞の記事はこちら。

11~20日、武雄温泉街が「芸術村」に|佐賀新聞LiVE

他のサイトの記事はこちら。

佐賀県武雄市に全国のクリエイターが集結!10日間のアートイベントに注目! - ライブドアニュース

まちを舞台に、武雄をテーマにした作品披露やドローイング、トークイベント、ワークショップ、演劇キャンプなど実に多彩なプログラム。まさに大実験場。
大きなキャンパスに参加者と一緒に絵を描いて最後は全員で壊してしまうなんていうパフォーマンスもあるそうで。
あと「武雄を舞台に世界一短いロールプレイングゲームを作ろう」というゲームナイト。なんじゃこりゃ。気になる(笑)

ちなみに、こんな方々が来られるそうです。といっても、僕も詳しくないので、ネットで調べてみました。
そだきよし(石版画家)http://g-recolte.com/area/artist/kiyoshi-soda/
山口雄太郎(写真家)http://www.yutaro-yamaguchi.com/
福嶋さくら(画家)https://www.sakurafukushima.com/
進佳那子(画家)http://sinkanako.com/
畠山千春(新米猟師・ライター)http://chiharuh.jp/
石神夏希(劇作家)http://natsukiishigami.com/
太湯雅晴 (現代美術作家)http://futoyu.com/index.html
たかくらかずき(イラストレーター/アーティスト)http://takakurakazuki.com/
武田俊(編集者)http://dotplace.jp/archives/4752
菅隆紀(現代美術作家)http://yealo.jp/art/takanori-suga
福田尚平(素描家)http://seanftyler.tumblr.com/

これは気になるなーというのがあれば、ぜひ気軽にお越しください。そして、夜はディープな武雄と温泉を。お待ちしています。

雇用・福祉・子育て〜平成29年度当初予算案を発表

f:id:taddakomma:20170222164236j:plain

今日は、市議会3月定例会への提出議案の記者発表。その中で、平成29年度当初予算案も発表しました。

当初予算案はボリュームが膨大なのですが、ポイントとしては、

 

◯29年度は、雇用・福祉・子育ての3本柱。 

f:id:taddakomma:20170222171236j:plain

 

◯雇用のテーマは「働きたい全ての市民に雇用の機会を」。地方創生でも「まち・ひと・しごと」というように、定住・移住を進める上でも、とにかく仕事が大事。そして、女性・高齢者・障がい者はじめ、すべての人が働ける環境を。雇用関係の予算案は、28年度比で6倍増に。

f:id:taddakomma:20170222171249j:plain

f:id:taddakomma:20170222171242j:plain

 

◯観光分野の目玉は、アクティビティ(体験型)観光。今の観光はモノからコトへ。陶芸体験など従来の体験に加えて、例えば農業体験や三夜待(仲間内での定期的な親睦会)体験、お祭りの練習体験など、私たちが普段当たり前のようにしていることをインバウンドの武器にします。

f:id:taddakomma:20170222171245j:plain

 

◯福祉については、子育て環境の充実(小児医療時間外診療の365日化、小児医療費の現物支給化)や地域包括ケアシステムの構築、身近にできる健康づくりなど、「全ての人が自分らしく幸せに暮らせる」環境を整備します。

f:id:taddakomma:20170222171250j:plain

f:id:taddakomma:20170222171247j:plain

 

◯子育てとしては、

・小中学校へのエアコン設置。31年までに整備を完了します。

武雄市図書館のCD・DVDコーナーを、利用者ニーズを踏まえて学習席に改装。学習席が倍増(計約100席)、さらには学習席を増やすだけでなく、語学講座やワークショップの開催など、みんなで学べる場として新たな価値を創出、武雄市図書館の魅力をアップさせます。

・子ども図書館を今年10月にオープン。

f:id:taddakomma:20170222171246j:plain

 

◯子どもの貧困については、切れ目のない支援が最も大事。具体的には、(1)貧困になる前の早い段階での支援(2)妊娠出産から進学まで、一人の子を同じ人がずっと伴走して支援する「伴走型支援」(3)各成長ステージのつなぎ、3点。重点事業としては、

・(2)の「伴走型支援」の実践。保健師+教員OB等が「子どもの笑顔コーディネーター」として、チームでその役割を担います。この仕組みはおそらく全国初。武雄市が、全国のモデルとして取り組みます。

・小中学校就学前の新入学用品費の増額(準要保護児童生徒)、高校への進学準備金を中学3年生の12月に支給(準要保護生徒)。特に、小中学校は市町村、高校は県と管轄が異なり、組織的な溝があることから、高校進学の支援はこれまで不十分でした。ここにしっかりと手当します。高校への進学準備金は全国初。

f:id:taddakomma:20170222171252j:plain

f:id:taddakomma:20170222171234j:plain

f:id:taddakomma:20170222171243j:plain

 

この他にも様々な事業を予算案として計上しています。詳細については下記をご覧ください。

・提出議案一覧(PDF)→

http://www.city.takeo.lg.jp/shisei/shigikai/H28gikai/201703/files/201703gianichiran.pdf

・全体の提出議案概要はこちら(PDF)→ 

http://www.city.takeo.lg.jp/shisei/shigikai/H28gikai/201703/files/201703giangaiyou.pdf

※会見の模様は以下のリンクより動画でご確認いただけます。
http://www.ustream.tv/recorded/100183227

 

f:id:taddakomma:20170222171150j:plain

f:id:taddakomma:20170222171203j:plain

武雄市役所全職員、ユニバーサルマナー検定3級取得!

f:id:taddakomma:20170217002329j:plain

僕がどうしてもやりたかったのが、ユニバーサルマナー検定3級の全職員取得。

昨年、株式会社ミライロの垣内社長はじめ御社の皆さんにお会いし、意気投合。これからのまちづくりでこういうニバーサルマナーの考え方はものすごく大事だし、ぜひ武雄市を「自分とは違う誰かのことを思いやり、適切な理解のもと行動する=ユニバーサルマナー」まちにしたいと強く思いました。

議会の多大なるご理解を得て全職員を対象とした研修を予算化。今週の水曜、木曜と2日間かけて、ユニバーサルマナー研修を実施し、私や副市長を含め、全職員がユニバーサルマナー検定3級を取得しました。ちなみに、嵐の櫻井翔さんも取得されています。

障害をお持ちの方などに対して、我々の現状は無関心か過剰反応。そうではなく、障害は人ではなく環境にあること、さりげない配慮が大切であること、声かけの際は押し付けでなく選択肢を示すこと、すなわち「できるできない」を聞くのではなく「お手伝いできることはありますか?」といった聞き方が良いこと、迷った時は迷わずにすぐに行動すること。

これ以上書くと研修を受ける意味がなくなるので(笑)この辺りでとどめておきますが、僕たちがどうすれば良いか迷ってしまう時の道しるべをわかりやすく教えてもらいました。講師の田中さんの講義も抜群。研修が終わった後職員に感想を聞きましたが、すごく好評でした。こんなことならもっと早くやればよかった(苦笑)。

どのような立場でも境遇でも、みんなに未来の可能性があり、みんなが幸せを感じて暮らせるまち。武雄市の目指すまちはそういうまちです。そういう意味で、今回の研修は本当に、本当に良かった。

まちは人がつくるもの。人の意識と行動が変わればまちは確実に変わる。

今回の研修をきっかけに、武雄市役所もこれまで以上に温かいまちを目指します。

f:id:taddakomma:20170217002559j:plain

f:id:taddakomma:20170217002432j:plain

f:id:taddakomma:20170217002437j:plain

f:id:taddakomma:20170217002356j:plain

f:id:taddakomma:20170217002401j:plain

f:id:taddakomma:20170217002352j:plain

f:id:taddakomma:20170217002406j:plain

f:id:taddakomma:20170217002417j:plain

f:id:taddakomma:20170217002421j:plain

f:id:taddakomma:20170217002426j:plain

f:id:taddakomma:20170217002412j:plain

f:id:taddakomma:20170217002335j:plain

武雄市役所が「イクボス」宣言!

f:id:taddakomma:20170214172941j:plain

今日、武雄市役所で「イクボス」宣言。メディアの皆さんもかなり関心が高いようで、多くの報道陣が。NHKこちらサガテレビこちら

イクボスとは、職員が仕事と子育てや介護などを両立できるよう支援し、自らも生活を楽しむことを目指す上司のこと。今日は、私以下副市長、教育長、部長級職員、課長級職員の管理職60名がイクボス宣言書にサイン。佐賀・長崎の自治体では初めての試みとのこと。

私からは「上司が率先して働きやすい職場を作る、これはまさに『働き方改革』。武雄市が率先して行い、市内企業や県内への波及を期待したい。」と説明。

地方分権で行政の事務が増えている中、育休などを取れるようにし、仕事と家庭の両立をさらに進めていくためには、いかに仕事を効率化させるか、結局、仕事の仕方を変えていくことが必須だと思います。

そういう意味で、今回を契機に、チームで仕事をする、会議のやり方を変える、説明資料は最小限になど、管理職が率先してぜひ目標設定してもらいたい、そう考えています。

加えて、今回、「孫の育休(孫休暇)」を今後新設することも表明。都市部ではなかなか難しいでしょうが、武雄のような地域では、三世代で住んでいたり、親と子が近所に住んでいることが多い。子がどうしても子育てできない場合に、親(おじいちゃん、おばあちゃん)が孫の子育てをするのはありだと思うんです。

また、同居していない家族についても看護休暇を取れるようにしたいと考えています。ただ休暇を取りなさいということではなく、地域の事情、各家庭の事情に応じて選択肢を増やしたいというのが、これらの改正の狙い。

そもそもイクボス宣言をすることになったのは、先月、厚生労働省の方から「塩崎厚生労働大臣をはじめ、イクボス宣言をする組織が増えてきている、武雄市もぜひやったらどうか」と話を聞いたのがきっかけ。それを聞いて、ぜひうちもやろうと即断。

働く一人一人が、仕事も家庭ももっと充実した暮らしへ。

イクボス宣言をきっかけに、そういう組織風土をもっともっと作っていきたいと思います。

f:id:taddakomma:20170214173010j:plain

f:id:taddakomma:20170214173015j:plain

f:id:taddakomma:20170214173020j:plain

f:id:taddakomma:20170214173025j:plain

f:id:taddakomma:20170214173031j:plain

f:id:taddakomma:20170214173035j:plain

f:id:taddakomma:20170214173041j:plain

f:id:taddakomma:20170214173050j:plain