読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こまっちゃん、走ります!

武雄市長 小松 政(こまつ ただし)のほぼ日活動日記です。元武雄市秘書課長。

官民一体型小学校「武雄花まる学園」、市内全校で導入へ

f:id:taddakomma:20161027172330j:plain

昨年4月にスタートした花まる学習会との官民一体型小学校「武雄花まる学園」。

昨年4月に武内小学校と東川登小学校で、今年4月からは朝日小学校、若木小学校、橘小学校で始まりました。で、本日は来年度以降の導入校の指定書交付式。

小学校校区ごとの地域協議会から出された申請をもとに、

平成29年4月〜 西川登小学校

平成30年4月〜 山内東小学校、山内西小学校、北方小学校

平成30年10月〜 武雄小学校

平成32年4月〜 御船が丘小学校

でスタートすることに。これで、市内全小学校で導入となります。これは本当に嬉しい。

花まる小学校を実施するには、地域の皆さんの協力は不可欠。そういう意味で、導入にあたっては、地域協議会の皆さんが納得された上で、地域からの手挙げ方式をとってきました。地域協議会の皆さんには、これまで本当に熱心にご議論や視察いただいたことに感謝申し上げます。

また、すでに先行して開始し、本当に頑張っていただいている小学校区の地域の皆さん、保護者や企業の皆さん、教員の皆さん、花まる学習会の皆さんにも、心から感謝申し上げます。

花まる学習会の高濱代表がいつも言われていますが、花まる小学校を実施する意味とは、まず、花まるメソッドの導入によって「メシが食える大人を育てる」こと。また、それに加え、実施をきっかけに「地域と学校が一体となって子どもを育てる」ことにさらにドライブがかかっていく。

これぞ、未来の小学校と地域の姿。大げさではなく、僕はそう確信しています。

すでに武雄市内では、11の小学校区で地域ぐるみの子育てに取り組んでもらっていますが、今回の導入で、各校区がそれぞれの地域の特色を活かしたオリジナルな「花まる小学校」になっていってほしい。未来が楽しみです。

f:id:taddakomma:20161027172235j:plain

f:id:taddakomma:20161027172242j:plain

f:id:taddakomma:20161027172247j:plain

f:id:taddakomma:20161027172253j:plain

f:id:taddakomma:20161027172300j:plain

f:id:taddakomma:20161027172306j:plain

f:id:taddakomma:20161027172313j:plain

f:id:taddakomma:20161027172318j:plain

f:id:taddakomma:20161027172324j:plain

f:id:taddakomma:20161027172511j:plain