こまっちゃん、走ります!

武雄市長 小松 政(こまつ ただし)のほぼ日活動日記です。元武雄市秘書課長。

市内2校目の高校、きょう開校

f:id:taddakomma:20160410215801j:plain

今日は、神村学園高等部武雄校舎の開校式・第1回入学式。写真は、新入生を代表して挨拶する坂田さん。

不登校となった生徒や事情があって退学した生徒、夢を追いかけたい生徒が通うこの学校は、鹿児島県内屈指の有名校である神村学園が設立した通信制高校

ちなみに武雄市内では、県立武雄高校につぎ、2校目の高校となります。 

NHKのニュースはこちらサガテレビこちら

 

思えば、3年前から先方と内々に交渉しつづけ、昨年10月、武雄市内に進出していただくことが決定。

そこから半年。学園のスタッフの皆さん、市民、市議会、教育委員会、市役所など多くの皆さんが思いを共有しながら、今日の開校日を迎えることができました。

当初は30名という、初年度としては高めの定員で募集をスタートしましたが、最終的には想定をはるかに超える41名の皆さんが、今日1期生として入学。ちなみに、平木校舎長が、入学者全員と時間をかけて面接したそうです。

 

日本は、一度レールから外れるとなかなか戻ってこられない。正直まだまだそういう面がある。でも、子どもたちには無限の可能性があるし、一度何かあったからといって、その可能性の芽をつぶしたくない。

「すべての子どもたちに育ちと学びの環境を。」

武雄市をこういう街にしたいと、僕は心の底から思っています。

人格教育・個性教育を掲げる神村学園さんの寄り添う教育姿勢、定員を大きく上回る入学者数、そして今日の生徒や保護者の皆さんの様子を見ていると、神村学園さんに武雄に来ていただき、本当に、本当に良かった。

式が終わった後、浦郷教育長と一緒にそう語り合いました。

武雄市としても出来る限りバックアップしていきたいと思っていますし、改めて、初心忘れることなく、思いある方々と組みながら邁進していきたい。そう心に誓いました。

生徒の皆さん、夢を見つけて、自分のペースで追いかけていってください。みんなで応援しています。入学、本当におめでとう!

f:id:taddakomma:20160410220532j:plain

f:id:taddakomma:20160410220618j:plain

f:id:taddakomma:20160410220555j:plain

f:id:taddakomma:20160410220640j:plain

f:id:taddakomma:20160410220656j:plain