こまっちゃん、走ります!

武雄市長 小松 政(こまつ ただし)のほぼ日活動日記です。元武雄市秘書課長。

武雄市図書館リニューアルオープン時の郷土資料の取り扱いについて

武雄市図書館については、ありがたいことに多くのメディアで取り上げられていますが、その中で、「リニューアルオープンに当たり、郷土資料を廃棄した」旨の記事がいくつか見られるようになりました。

我々としては、当該記事内容が事実に反していることは認識していたのですが、一方で、市民の方から「市長、廃棄したのは本当なのか。事実なら看過することのできない問題だし、もし事実でないのであればきちんと説明すべき」との意見を数多くいただきました。そこで、この件についてきちんと説明する責任があるとの考えに至り、このたび事実関係を公表いたしました

事実関係として、当時、最終的に司書(武雄市雇用)の確認のもと、除籍基準に基づいて所蔵本の整理を行いましたが、郷土資料として登録している本について除籍したという事実は一切ございません。

ただ、公表が遅くなり、市民の皆さんに疑念を抱かせるに至ったのは、ひとえに私の責任。真摯に反省したいと思います。引き続きより良い図書館を目指して頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

----------------------

武雄市図書館リニューアルオープン時の郷土資料の取り扱いについて

 

 武雄市図書館のリニューアルオープンに当たり郷土資料が廃棄されたと、一部メディア等において指摘がなされている件に関しまして、事実関係を下記の通りご説明します。

 

              記

◯リニューアルオープンに当たっては、除籍基準に基づき、最終的に司書(武雄市雇用)の確認のもと所蔵本の整理を行いました。その際、「郷土資料」として登録していた本を廃棄したという事実はございません。

<参考>

・「澪-みお-」(佐賀県内の文化情報などが掲載された雑誌)

 もともと「雑誌」登録分と「郷土資料」登録分の2冊を所蔵していましたが、リニューアルオープンに合わせて、劣化が進んでいた「雑誌」登録分については除籍の手続きを行いました。「郷土資料」として登録しているものについては、現在も館内閲覧が可能です。

・「温泉博士」(旅行ガイド(雑誌)

 もともと「一般誌」として登録していましたが、劣化が進んでいたため除籍対象としたものです。

◯なお、リニューアルオープン後においても、「郷土資料」として登録している書籍について、除籍した事実はございません。今後も、さらにより良い図書館づくりを進めてまいります。

 

  平成27年11月9日

                       武雄市教育委員会