読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こまっちゃん、走ります!

武雄市長 小松 政(こまつ ただし)のほぼ日活動日記です。元武雄市秘書課長。

武雄花まる学園、開校

f:id:taddakomma:20150406211741j:plain

今日は武内小学校、東川登小学校で官民一体型学校の開校式。

思えば藤原和博さんが仲人となって、高濱さんと樋渡前市長が初めて会ってから約2年。私もその場にいました。

その後、代田さんが強力な推進役として着任、昨年4月の文科省での記者会見、武内小での研究授業、花まる学習会と先生の間での研修、スマイル学習課の設置、地域の皆さんの心強い協力など。思い返せば、多くの皆さんの熱い思いが連々となって今日につながったのだなと。感無量でした。

官民一体型学校は、単に民間塾のノウハウを公教育に導入するのではありません。

将来どこにいようと、たくましく面白く生きることができる大人を育てるという一点のため、教員と花まる学習会のスタッフが同じテーブルで協働で授業をつくっていく。また、官民の「民」は民間塾だけを指すのではなく、地域も一体となって子どもたちを育てようというのもこの学校の特徴。

要は、組織の縦割りやお互いのメンツなんかすっ飛ばして、目的のために皆で一緒になって創りだしていこうよということです。

そして、今日話が出ましたが、官民一体型学校では「子どもたち」が主体的に学校をつくっていきます(アクティブラーニングというそうです)。藤原さんが言うには、2020年代の後半には、この学校で主体的にデザイン思考や感性力を磨いた子どもたちが世の中を変えるだろうと。

私たちは、圧倒的な教育環境のもと、日本一の学校をつくります。世界一通いたい学校を目指します。

いよいよスタートです。市外からは、4組も教育移住で武雄に来てくれました。皆さんの期待に応えられるように、我々も精一杯頑張っていきます。

そうそう、これからは武雄花まる学園と愛称で呼んでくださいね。

f:id:taddakomma:20150406211757j:plain

f:id:taddakomma:20150406211835j:plain

f:id:taddakomma:20150406211823j:plain

f:id:taddakomma:20150406211849j:plain

f:id:taddakomma:20150406211907j:plain

f:id:taddakomma:20150406211918j:plain

f:id:taddakomma:20150406211935j:plain

f:id:taddakomma:20150406211947j:plain