こまっちゃん、走ります!

武雄市長 小松 政(こまつ ただし)の活動日記です。元武雄市秘書課長。

12月の市長選出馬を表明しました

f:id:taddakomma:20180611171825j:plain

本日の市議会一般質問で、今年12月の任期満了に伴う武雄市長選に出馬する意向を表明しました。

 

答弁において、

「いくつになっても住み慣れたところで安心して暮らせるまち。安心して子どもを産め、安心して育てられ、安心して長生きできるまち。これをさらに進めたい。高齢者の元気はまちの元気。そして、ゆりかごから墓場までが福祉。福祉に重点をおきたい。」

「そして、まちの元気をつくりたい。4年後には新幹線が武雄にくるが、交通によって発展してきた武雄にとって、これは大きなチャンス。交通の要衝を活かし、ヒト・モノ・カネを集め、雇用を増やし、移住や定住を増やし、観光客を増やし、さらなるまちの元気と活気につなげたい。」

と述べました。

 

3年5ヶ月前に市長に就任させていただいて以来、職員の皆さん、議会の皆さん、そして市民の皆さんと一緒になって、さまざまな政策に取り組んできました。

 

こども図書館オープンによる図書館来館者のV次回復、雇用や平均所得の増、観光客の増加など、数字でも効果が出てきていますが、その集大成が、先月の「秋田竿燈まつりIN武雄」。武雄市制始まって以来の8万人のにぎわいは、武雄市の活気、誇り、元気づくりに大きくつながったと思っています。

 

洪水調整池や国道、スポーツなど、取り組むべき課題もまだまだあります。皆さんと手を携えて、オール武雄で、福祉のまちづくりを、そしてさらに活気ある武雄市を皆さんと一緒につくっていきたい。そう思っています。

 

前進と対話。まずは残りの任期を精一杯頑張っていきたいと思います。

f:id:taddakomma:20180611171857j:plain