こまっちゃん、走ります!

武雄市長 小松 政(こまつ ただし)の活動日記です。元武雄市秘書課長。

「秋田竿燈まつりin武雄」に8万人

f:id:taddakomma:20180513195009j:plain

いまだ感動冷めやらず。

 

2018年5月12日。25年ぶりに武雄で開催された「秋田竿燈まつり」。

 

前回の2万人をはるかに上回る8万人の方にお越しいただきました。ちなみに武雄市の人口は5万人弱。

 

「武雄にこんなに人が集まったのは初めてじゃないか」と多くの人に言われましたが、僕自身もこれだけの人が来るとは夢にも思わず。

 

戊辰戦争で敗戦続く秋田藩を救った佐賀藩、そして武雄軍。その恩を忘れまいと、戦死した武雄の兵士を現地の葉隠墓苑で欠かさず慰霊していただいている秋田市の皆さん。

 

150年にわたる両市の絆が、今宵武雄の空に、天高く灯りました。

 

演者の皆さんの渾身の演技。竿燈の迫力。「ドッコイショー」の掛け声の合唱。会場全体ものすごい熱気で、見ている誰もが、ただただ感動。

 

竿燈まつりを誘致すべく、秋田市を最初に訪れたのは今から2年前の4月。

 

2年がかりで誘致に至りましたが、今回実現できて本当に良かった。これもひとえに、これまで武雄と秋田の絆を大事に紡いでいただいた皆さんのおかげです。

 

秋田市の皆さんはじめ、今回ご協力いただいた全ての皆さんに心から感謝申し上げます。

 

そして、事前準備から当日運営、駐車場整理や案内などに徹してもらった市役所職員の皆さんも本当にありがとう。皆さんのおかげで素晴らしいお祭りになりました。

 

武雄の地で、再び秋田竿燈が高く上がる日を夢見て。

 

これからも、秋田との絆をしっかりと未来に繋いでいきましょう。

f:id:taddakomma:20180513195057j:plain

f:id:taddakomma:20180513195052j:plain

f:id:taddakomma:20180513194950j:plain

f:id:taddakomma:20180513195024j:plain

f:id:taddakomma:20180513195018j:plain

f:id:taddakomma:20180513195032j:plain

f:id:taddakomma:20180513195039j:plain