読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こまっちゃん、走ります!

武雄市長 小松 政(こまつ ただし)のほぼ日活動日記です。元武雄市秘書課長。

高校生と語る!

f:id:taddakomma:20160827190343j:plain

今日は、高校生の皆さんと語る会。

高校生の皆さんは、勉強に部活に本当に忙しい。でも、彼らは武雄の未来をまちづくりを担う主人公。ぜひゆったりと意見交換したいとずっと思っていました。

そんな中、うちの教育委員会の大島さんはじめ皆さんの力で、第1回が実現。高校生に混じって中学生の姿も。計10名。そして、たくさんのギャラリー。

1時間半、本当に面白かった。今日の僕は、コーディネーターの大学生二人のお手伝いで、皆さんの意見の引き出し役。物怖じせず、率直に、素直に意見を話す姿は頼もしかったし、その意見の一つ一つがすごく勉強になりました。

・地域との関わりってある?

・市が関わるイベントに高校生が参加するにはどんな仕掛けが必要?

・高校生の皆さんが情報を取ることができるにはどうすればいい?

・将来の夢や進路は?なぜ武雄市にずっと住みたいと思うの?

そんな質問に対する皆さんの意見には「なるほど!」と思うことが多く、ギャラリーの中にも、頷く人、感心する人、メモを取る人多数。

個人的には、高校生への告知や情報提供は、SNSだけでなく駅や学校にビラを貼るといったアナログな手段も有効だというのにハッとさせられました。言われてみればそうなのですが、僕自身、まだまだ常識にとらわれているなと。

僕が今日、高校生の皆さんに一番伝えたかったのは、まちづくりってそんなハードル高くないんだよ、ということ。すれ違う人に「こんにちは」と挨拶することや、ゴミ出し・ゴミ拾いは、もう十分立派なまちづくり。それによって、このまちは確実に気持ち良いまちに変わっていく。

イベントへの出店や参加も同じ。毎週や毎月やるのが負担なら、まずは年1回とか3ヶ月に1回やってみるとか。友達誘って、できることをできる範囲で、まずはやってみよう。それで十分。そんなことが伝わっていれば、そして何かのアクションにつながればいいなと思います。

でも若さってやっぱりいい。次回の開催がすでに楽しみ。「第1回がきっかけで、こんなことを始めました」なんていう声が聞ければ最高。でも、彼ら彼女らに負けないよう、僕たちも頑張らなきゃですね。

f:id:taddakomma:20160827190440j:plain

f:id:taddakomma:20160827190459j:plain

f:id:taddakomma:20160827190531j:plain

f:id:taddakomma:20160827190544j:plain

f:id:taddakomma:20160827190600j:plain

f:id:taddakomma:20160827190633j:plain

f:id:taddakomma:20160827190649j:plain

f:id:taddakomma:20160827190702j:plain

f:id:taddakomma:20160827190719j:plain

f:id:taddakomma:20160827190736j:plain

f:id:taddakomma:20160827190751j:plain

f:id:taddakomma:20160827190813j:plain

f:id:taddakomma:20160827190838j:plain

f:id:taddakomma:20160827190852j:plain