読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こまっちゃん、走ります!

武雄市長 小松 政(こまつ ただし)のほぼ日活動日記です。元武雄市秘書課長。

氷見市役所、再訪

今日は富山県氷見市役所に出張。氷見といえば、最近は寒ブリ以上に、高校校舎をリノベーションした庁舎が有名。4ヶ月前にも訪れたのですが(ちなみに盟友の本川市長に会うのは2週間ぶり(笑))、武雄市の新庁舎案の参考にしたいと再び訪問。

やはり庁舎の空間が素晴らしかった。行政の縦割りを打破し、行政、市民、企業、団体が集う空間、対話を生む空間の作り方、デザインの重視は見事。改めて新鮮な驚きがありました。

武雄市では昨年、新庁舎の基本計画を策定し、現在基本設計中。僕からは、

(1)50年後の働き方を先取りする庁舎に

(2)市民が毎日来たくなる庁舎に

(3)職員が毎日来たくなる庁舎に

(4)女性に優しい庁舎に

(5)絵になる庁舎に

などだけ伝え、現在のところは担当者に自由に考えてもらっていますが、特に重視したいのは(1)。

市役所の部や課の垣根を越えて、職員が一緒になって一つのものを創り出す。そこに企業や団体、市民の皆さんも集ってくる。そんな空間がいい。空間がワークスタイルを変えていく。カフェのような庁舎。議会の特別委員会でも、引き続き精力的な議論をお願いしたいと思います。

しかし、氷見市役所の庁舎は非常に参考になる。本川市長には予算査定中にもかかわらずお時間をいただき、ありがとうございました。職員の皆さんにも感謝申し上げます。

f:id:taddakomma:20160130002234j:plain

f:id:taddakomma:20160130002258j:plain