読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こまっちゃん、走ります!

武雄市長 小松 政(こまつ ただし)のほぼ日活動日記です。元武雄市秘書課長。

ウェルカム武雄ハウス募集開始!

本日、武雄市の移住促進策の目玉「ウェルカム武雄ハウス」の募集を開始。

若木町の戸建て住宅2戸(新築)、武内町のアパート4戸(こちらも新築)の入居者を今日から2月12日まで募集します。市外からの教育移住を考える皆さんを優先とし、応募者多数の場合は抽選となります。詳細はこちら

市内周辺部の活性化は私の公約。そこでの重要な要素の一つは住む場所なんですが、武雄市では空き家バンクもやっているものの、すぐに活用できる空き家がなかなかないのが現実。

通常、市の周辺部で民間がアパートや貸家を建てるのは、採算面から事実上困難。一方で、市が100%税金で公営住宅を建設するのは財政面を考えるとなかなか厳しい。僕はこの0か100かの議論に以前より疑問を持っていました。

そこで武雄市では、市の土地に民間がアパートや貸家を建て、建設費に補助をするという官民一体スキームを採用。家賃を低廉にする(今回の場合は2LDKで35000円)こともおり込んで建設費を補助する。それでも、公営住宅を建てるよりは財政的負担は小さい。個人的には簡易PFI方式と呼んでいますが、このスキームを考えてくれた市職員の皆さんには、ただただ感謝。

先日、国交省が「空き家を準公営住宅に」すべく検討する、という記事が日経に載っていましたが、武雄市ではそれに先んじて住宅政策に打ってでます。

また、1月23日(土)には、武内町・若木町で移住体験ツアーも実施。申込書はこちら。どなたでも参加できますので、ぜひお気軽にご参加ください。

f:id:taddakomma:20160118213915j:plain

(例えば、武内町だと3月中にここにアパートが立ちます。)