読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こまっちゃん、走ります!

武雄市長 小松 政(こまつ ただし)のほぼ日活動日記です。元武雄市秘書課長。

こども部+教育部=「こども教育部」

今日は、6月議会に提出する議案の記者会見。今回の目玉は組織改正。僕の公約実現に向けた組織体制の整備案について説明。

一番の目玉は、こども部と教育部を統合した「こども教育部」の設置。これに伴う条例改正案を議会に提出したいと考えています。

武雄市ではこれまで、こども部と教育部がそれぞれ子どもに関する政策を担ってきました。こども部は保育政策や青少年育成政策などを、教育部は幼稚園から小学校・中学校までの学校教育政策や生涯学習政策を担当。

僕の基本政策の柱の一つは教育改革・子育て支援。圧倒的な子育て・教育環境を設けたい。そのためには、子どもや親目線で考えると、部は分けるよりも一緒のほうがいい。また、こども教育部には、放課後対策を専門的に扱う「放課後対策室」を設置したいと考えています。

他にも、武雄にあるものを活かして特産品開発や所得向上に取り組む「里山資本係」を営業部に設置。ちなみに『里山資本主義』の著者である藻谷浩介さんには、先日直々に了解をもらいました(笑)。

あとは、健康寿命や生きがい支援に横断的に取り組む「くらし政策課」の設置など。

特に、部の改正は条例事項なので、ぜひ6月議会で議論したいと思っています。