読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こまっちゃん、走ります!

武雄市長 小松 政(こまつ ただし)のほぼ日活動日記です。元武雄市秘書課長。

武雄市役所、新人職員に勧める5冊

今日は、市役所の新人職員に講話。武雄市役所の考え方を知ってもらおうと、何冊か本(というか課題図書)を紹介しながら話をしました。

今回は、挫折しないようにということで、文章が読みやすい、ページ数が多くない、値段が手頃、を基準にセレクト。

もちろん「首長パンチ」「沸騰図書館」「メシが食える教育」などは、すでに読んでいることが前提ですが、

 

(1)市長の考え方を知るための本

私がくまモンの上司です」(蒲島郁夫著)

→失敗を恐れずチャレンジする「皿を割れ」精神を持とう。

 

(2)行政マンとしての視点を知るための本

売る力」(鈴木敏文著)

→供給者目線ではなく利用者目線(市民目線)。突き詰めれば自分目線を持ち続けよう。

センスは知識からはじまる」(水野学著)

→自分目線で判断するには普通の感覚を知ることが大事。一流のものとそうでないものを知ることで、普通がわかる。いろんなものを貪欲に知ろう。

 

(3)市役所の組織を知るための本

テレ東的、一点突破の発想術」(濱谷晃一著)

→カネがないからこそ企画勝負のテレ東みたいな組織にしよう。

 

(4)町の将来を知るための本

里山資本主義」(藻谷浩介著)

→武雄にすでにあるものに目を向けよう。

 

他にもオススメはたくさんあるのですが、今年も市長随行研修を実施する予定なので、そこでさらに突っ込んだ話ができればと思っています。

新人職員の皆さん、さらにこんな本を読みたいとかあれば、遠慮なく市長室まで来てくださいね。お待ちしています。

f:id:taddakomma:20150407211118j:plain