こまっちゃん、走ります!

武雄市長 小松 政(こまつ ただし)のほぼ日活動日記です。元武雄市秘書課長。

官民一体型学校、しっかり進めます

今日も朝から取材、会議での挨拶、挨拶まわり、打ち合わせなど夜まで公務。市長に就任してからまだ1週間経っていないのですが、毎日がとにかく慌ただしく過ぎていきます。

そんな中、午後に東川登小学校で、花まる学習会の高濱代表と久しぶりに会いました。高濱さんは、今年4月からスタートする日本初の官民一体型学校、その構想の着手時から前市長と一緒になって話し合ってきた同志。尊敬すべき先輩です。

選挙期間中、花まる学習会との官民一体型学校はどうなるのか?と市民の皆さん、特にこの4月から開校する武内、東川登の皆さんから尋ねられましたが、僕は着実に進めますと一貫して言ってきました。もちろん、子どもたちのため、地域のため、しっかりと進めていきます。

そして、武雄市では、花まる学習会との官民一体型学校、タブレット端末の活用、プログラミング教育など様々な教育改革が進められていますが、これらはいずれも手段なんですよね。大事なのは、この21世紀、将来を見据えてどういう教育をしたいのか、武雄の子どもたちをどう育てたいのかという1点。

そういう意味で、4月から始まる教育委員会制度の改革、その中で新設される総合教育会議で、未就学児から中学生までの武雄の教育の幹の部分を、市民の皆さんにわかりやすい形で、ぜひ示していきたいと思っています。

夜は、地元川良区のわっかもん会の会合に出席。地元を盛り上げようと、平成9年にスタートした有志の集まり。こういう地元の底力はこれからも支えていきたいし、20代、30代の皆さんにもぜび参加してほしい。そのためにどうするか知恵を絞っていきたいと思っています。

f:id:taddakomma:20150116230359j:plain